スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終弁論で“紙芝居”裁判員は「レベル高くない」(読売新聞)

 東京都江戸川区のアパートで昨年9月、アルコール依存症の妻(当時52歳)を殺害したとして、殺人罪に問われた韓国籍で無職、洪京吉被告(54)の裁判員裁判の判決が29日、東京地裁であった。

 鈴木秀行裁判長は「妻は約束を破って飲酒しており、ショックを受けたことは理解できるが、立腹のあまり人を殺害することは許されない」と述べ、懲役7年(求刑・懲役12年)を言い渡した。

 判決によると、洪被告は昨年9月22日、同区の自宅アパートで、妻の首をスカーフで絞めて窒息死させた。

 28日の公判で、弁護人は、酒を手放せない妻の様子などのイラストを「紙芝居」のようにめくりながら最終弁論し、検察官から「あくまでイメージだということを説明すべきだ」との指摘を受けていた。

 判決後、裁判員4人と補充裁判員1人が記者会見に応じ、「紙芝居」について50代の男性裁判員は「私は会社勤めなので、プレゼンテーション(説明)としてどうかと言えば、レベルは高くない」と印象を語り、30代の男性裁判員は「分かりやすいが、若干、やり過ぎかなと思った」と述べた。

現場遺留物、無職男のDNA型=Tシャツ血痕は荻野さんと一致-千葉大生殺害放火(時事通信)
<ひき逃げ>上司が身代わり出頭 部下の男を逮捕(毎日新聞)
<粘菌>ネットワーク構築の性質、物流経路の設計に応用可能(毎日新聞)
核不拡散強化を協議=アジア17カ国で国際会議(時事通信)
小沢氏会見詳報(1)「検察官の質問に素直に答えた」(産経新聞)
スポンサーサイト

<石川知裕議員>自身の事務所費でも聴取 逮捕容疑以外で初(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で逮捕した同党衆院議員の石川知裕容疑者(36)に対し、東京地検特捜部が、石川議員の資金管理団体「勝山会」(北海道帯広市)の会計処理問題についても事情聴取していることが分かった。石川議員の弁護士が27日明らかにした。逮捕容疑以外の取り調べが明らかになるのは初めて。

 勝山会を巡っては、石川議員の私設秘書だった札幌市の不動産会社社長が、08年9月ごろから約1年間、札幌市の事務所や車(約400万円相当)を無償提供していたと証言した。しかし、勝山会の08年の政治資金収支報告書には同9~12月、家賃と車のリース料計44万円をこの会社に支払ったと記載されている。こうした問題や勝山会のパーティー券収入などについて聴取しているとみられる。

 石川議員は12月、「車のリースも賃貸も契約書を作成している。虚偽記載はしていない」と話していた。

【関連ニュース】
陸山会土地購入:石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁
陸山会土地購入:石川議員、手帳にホテル名 水谷側とずれ
陸山会土地購入:3容疑者拘置延長 共謀立証に詰めの捜査
陸山会土地購入:石川議員ら3人、10日間の拘置延長に
石川議員:「本当のことを言うしかない」逮捕前夜、父に

「捜査情報漏えいない」政府が答弁書(読売新聞)
京大教授が小学校で「イネ」テーマに“出前授業”(産経新聞)
冬の月経不順 「冷え」に注意(産経新聞)
ハイチ陸自派遣「工兵が一番求められている」(産経新聞)
名護市長選投票始まる(読売新聞)

震える声「やってません」=「自白」撤回のテープ再生-足利事件再審公判・宇都宮(時事通信)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無罪が確定的となっている菅家利和さん(63)の再審第4回公判は、21日午後も宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で続いた。菅家さんが検察官の調べに虚偽の「自白」を撤回し、震えた声で否認に転じた生々しい様子が録音テープで再生された。午後の公判では、菅家さんが足利事件の一審公判で「自白」から否認に転じる約2週間前の92年12月7日、森川大司元検事が菅家さんを取り調べた際の録音テープなど2本が再生された。
 再生テープによると、足利事件と別の女児殺害事件2件(未解決)について、「本当に君がやったのかそこを聞きたい」と森川元検事から問われ、菅家さんは一転して「やってません」と震える声で答え、3事件を否認。県警が逮捕前日に任意同行した時の出来事を中心に10分ほど詳細に語った後、「警察で夜遅くまで調べられまして。全然認めてくれないんですよ。このままやってないと言うと、殴るけるとかされるんじゃないかと」と声を詰まらせた。
 元検事が事件への関与を再度確認すると、「全然かかわっていません。絶対言えます」と返答。「裁判所では事件は間違いないと認めたでしょ。なぜなの」と聞かれると、「警察の人が裁判の時はちゃんと話すんだぞと言うから」「警察でも拘置所でも同じような所と考えてた」と涙声で説明した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
取り調べテープ再生=「話しちゃえよと言われた」
拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕
山本死刑囚が病死=組長ら5人射殺
菅家さん、故郷で除夜の鐘=釈放後、初の年越し

大学入試センターの追試験は972人に(産経新聞)
振り込め被害、前年の3分の1に…警察庁(読売新聞)
<振り込め詐欺>日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
「田舎知事」連携だ!…9県がネットワーク(読売新聞)
1票の格差2倍超、広島高裁も違憲判決(読売新聞)

足利事件再審 菅家さん「つらかった」 録音テープ再生(毎日新聞)

 「どうしてあんなことをしゃべってしまったのか。自分の声を聞くのはつらい」。宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で21日開かれた足利事件再審第4回公判で、6時間に及ぶ取り調べ録音テープを聞いた菅家利和さん(63)は、18年前の記憶を鮮明によみがえらせた。公判後の記者会見では感情を高ぶらせる一方、「無実を分かってもらうために再生してもらった」と複雑な胸中を明かした。【岩壁峻、松本晃】

 テープには、事件への関与を問いただす森川大司(だいじ)・宇都宮地検検事(当時)と、身に覚えのない追及に言葉を詰まらせ、すすり泣く菅家さんが克明に記録されていた。

 足利事件とは別の女児殺害事件で、否認から再び「自白」に転じる場面が再現されると、法廷の菅家さんは体調不良を訴え、席を一時外した。「本当はテープを聞きたいと思っていなかった」と苦しみを語る。

 逮捕後、足利事件を初めて否認した92年12月7日の取り調べ。「やってません」「全然かかわっていません。絶対言えます」と精いっぱい答えた。しかし、検事に「君、裁判所(初公判)ではね、この事件は間違いないと認めたでしょ」「それはなぜ?」「弁護士さんにはなんと説明していた?」と詰め寄られ、意気消沈した。

 菅家さんは「検事は『正直に話してくれ。やっていないならそれでいい』と言うが、『やった』と言うまでは『そうか』と言って(解放しては)くれない。だから仕方なかった」と厳しい表情を見せた。

 22日午後は、森川元検事の証人尋問が予定されている。「テープは黙って聞いていたが、言いたいことは山ほどある。なぜ犯人にしたのか。(検事も)私が無実ということは知っている。絶対に許さない」と語気を強めた。

【関連ニュース】
足利事件再審公判:聴取テープを再生 菅家さん否認の別件
足利事件:取り調べテープ再生 21日から再審公判
足利事件:菅家さん 古里の寺で除夜の鐘を突き年越し
死刑執行:09年は7人、08年から半減 現政権下はゼロ
足利事件:DNA鑑定「問題なかった」…公判で科警研所長

屋外でヌード撮影容疑、篠山紀信氏書類送検へ(読売新聞)
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件-甲府地裁(時事通信)
震災翌日生まれの15歳 伯母の愛に包まれて(産経新聞)
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」(産経新聞)
名護市長選、移設反対の稲嶺氏が当選確実(読売新聞)

稲嶺氏当選、基地固定化も現実味…再編に影響(読売新聞)

 24日の沖縄県名護市長選で、米軍普天間飛行場の移設受け入れに反対する稲嶺進氏が当選したことで、新たな移設先の選定は極めて厳しい情勢となった。

 1996年に日米が合意した普天間全面返還の実現は危うくなり、基地が固定化する事態も現実味を帯びてきている。普天間移設と並行して進める計画の在沖縄米海兵隊のグアム移転も不透明となるのは確実だ。米軍再編計画全体に与える影響は大きい。

 選挙結果を受け、防衛省幹部は24日夜、「普天間移設はもうダメになるのではないか。5月末までに移設先を決めるのは難しい。米国も現状維持の腹を固めるのではないか」と、悲観的見方を示した。

 普天間飛行場の移設は、日米が2006年に合意した米軍再編のロードマップ(行程表)の中核となるものだ。抑止力を維持しながら、米軍基地が集中する沖縄の基地負担の軽減を目指すもので、海兵隊要員8000人のグアム移転とともに、2014年までの完了を目指していた。稲嶺氏の勝利で普天間の辺野古移設はほぼ絶望的になり、ロードマップ全体の見直しは不可避の見通しとなった。

 海兵隊のグアム移転は、日米が昨年2月に結んだ協定で、「普天間飛行場の代替施設の完成に向けての具体的進展」が条件となっている。米議会では、普天間移設が頓挫するようなら、グアム移転の関連予算を認めるべきでないとの意見が強まっている。

 米軍再編計画には、ほかにも、沖縄南部の米軍施設の返還や、空母艦載機部隊の厚木基地(神奈川県)から岩国基地(山口県)への移転などがある。計画見直しとなった場合、新たな枠組み作りに相当の期間と作業を要するのは確実で、米政府の鳩山政権への不満は一段と高まりそうだ。

普天間最終決着6月以降にずれ込みも 官房長官(産経新聞)
<千葉家裁>40代の男性書記官を戒告処分 事務処理を怠る(毎日新聞)
「カルガモ走法」でETCすり抜け=計460回か、運送業者逮捕-兵庫県警(時事通信)
FEALAC外相級会合、東京宣言採択し閉幕(産経新聞)
「明美ちゃん基金」に寄付金30万円 住田美容専門学校(産経新聞)

「低下」初めて「上昇」上回る=1年後の物価見通し-12月の消費動向調査(時事通信)

 内閣府が19日発表した昨年12月の消費動向調査によると、1年後に物価が「低下する」とみる一般世帯の割合は前月比11.5ポイント増の31.9%と、上げ幅、水準とも過去最高を記録した。一方、「上昇する」は29.2%とこれまでで最低で、2004年4月の調査開始以来、初めて「低下」が「上昇」を上回った。
 政府が昨年11月20日にデフレ宣言した後、初めての調査で、内閣府は「(宣言が)消費者の意識に反映された可能性がある」とみている。消費者のデフレ心理が広がれば買い控えやさらなる物価下落を引き起こす懸念もあり、デフレ脱却に向けた政府の取り組み強化が求められそうだ。 

【関連ニュース】
デフレへの対応策を調査=各社、利益確保に苦心
デフレ克服、景気回復確実に=2次補正案提出で財政演説
極めて緩和的な金融環境維持=日銀支店長会議で白川総裁
景気「悪くなる」が増加=1年半ぶり、円高で二番底懸念
「不況型倒産」が過去最高=景気低迷、デフレで-09年

鳩山首相「小沢幹事長を信じております」(産経新聞)
暴力団も書きこんでいる? 組長が2ちゃん利用告白(J-CASTニュース)
犯罪死見逃すな!検視強化へ研究会…警察庁(読売新聞)
カルガモ走行でETC不正通行460回! 運送業の男逮捕(産経新聞)
検察批判会合への政務官出席で官房長官が口頭注意「不適切」(産経新聞)

<将棋>久保、桂得 羽生反撃 王将戦第1局(毎日新聞)

 羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大塚国際美術館、大塚ホールディングス協賛、徳島新聞社など後援)は16日、徳島県鳴門市の同美術館で2日目が始まった。公開対局場となった「システィーナ・ホール」で両雄が再び向かい合い、記録の牧野光則三段の読み上げる手順に従って、40手目までの局面を再現した。そこで立会の小林健二九段が久保の封じ手を開け、「2二角成です」と読み上げた。

 久保の三間飛車に対して羽生が玉の囲いを後回しにして仕掛け、久保が強気に応じて1日目から大激戦に突入した本局。2二角成は控室の検討陣も予想していた一手だ。

 久保は手にした角を打って馬とし、桂得を果たした。だが、羽生の6七歩(50手目)も厳しそうな手だ。6連覇を目指す羽生と、初の王将奪取を狙う久保。どちらが読み勝っているのか。【山村英樹】

【関連ニュース】
オール学生将棋選手権戦:立命館大・横山さんが優勝
将棋:初日から激戦に突入…王将戦・第1局
将棋:久保が三間飛車 王将戦第1局
将棋:王将戦開幕 久保が先手番
将棋:王将戦15日開幕 羽生に久保が2度目の挑戦

未明、和歌山市でコンビニ強盗(産経新聞)
名護市長選、「政党隠し」に腐心の両陣営 それぞれにお家事情(産経新聞)
捜査介入のつもりない=「不起訴望む」発言で釈明-鳩山首相(時事通信)
杉本前財務次官は東大教授に(時事通信)
皇太子ご夫妻、震災遺族と懇談(時事通信)

トキ、本州側に飛来=2次放鳥では2羽目-新潟(時事通信)

 新潟県佐渡島で昨年9月、野生復帰を目指し、放鳥された国の天然記念物トキ20羽(1羽は保護済み)のうち、雌1羽が新潟県五泉市に飛来していることが18日、分かった。環境省によると、2次放鳥のトキが本州側で確認されたのは、昨年11月に続き2羽目という。
 同省によると、今回確認されたのは1歳の雌。18日午後2時50分ごろ、田んぼで餌を捕る姿を同省の職員が確認した。16日から同市内での目撃情報が寄せられおり、同省職員が18日から調査を実施していた。 

【関連ニュース】
移送トキ、繁殖ケージに=40年ぶり「里帰り」
分散飼育で石川県へ移送=トキの雄雌4羽
トキに群れ形成の兆候=自然繁殖の期待高まる-2回目放鳥から1カ月-新潟・佐渡
放鳥トキに学生証=キャンパス近くに定着

<自民党>政策集団「のぞみ」発足 山本元金融担当相ら5人(毎日新聞)
歌会始 「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)
<皇太子ご夫妻>神戸入り 震災追悼式典に出席のため(毎日新聞)
日航「運航継続」を強調=外国報道陣と会見-前原国交相(時事通信)
全国初摘発!サクラばかりの出会い系サイト 詐欺容疑で11人逮捕 mixi使って勧誘 警視庁(産経新聞)

スポーツ苦手の日体大フェチ男、男子学生の運動着盗む(スポーツ報知)

 神奈川県警青葉署は20日、日本体育大の男子学生の衣類を繰り返し盗んでいたとして、三田宗広被告(24)を窃盗容疑で横浜地検に追送検した。別の窃盗容疑で逮捕・起訴されていた同被告の自宅を捜索したところ、日体大の男子学生が使用していたとみられる水着、タオル、ユニホームなど約200点が見つかっており、同署では余罪を調べている。

 筋骨隆々の“体育会系”が、とんでもない男に目を付けられたものだ。

 三田被告の追送検容疑は、2008年9月から09年11月、同じアパートに住む日体大サッカー部員(21)の部屋に計10回侵入し、衣類など約50点を盗んだ疑い。ほかに9000円入りの財布、背広、敷き布団、時計、掃除機もあった。

 青葉署捜査幹部によると、三田被告は部員が郵便受けに自宅の鍵を隠していることを知っており、その鍵を使って部屋に侵入したという。捜査幹部は「少しずつ自宅に持ち運んでいたのではないか」と話した。

 三田被告は昨年11月、日体大水泳部の合宿所に侵入。Tシャツなどを盗んだ疑いで現行犯逮捕され、起訴されていた。その後、捜査員が家宅捜索したところ、日体大の校章やロゴが入った運動用品が次々と見つかった。

 その数約200点、すべて“男もの”だった。横浜市の日体大健志台校舎周辺には、男子合宿所は16あるが、主に陸上部と水泳部が標的になっていたようだ。自宅からは競泳用水着、ゴーグル、陸上用ユニホーム、練習用のTシャツ、短パン、つりパンと呼ばれるレスリングのユニホーム、部で購入した大会出場の公式ユニホームも多数あり、一部はタンスに保管された状態で見つかった。男子学生の水着などを“試着”したり、観賞したりしていたという。ちなみに、女子の合宿所での被害は確認されていない。

 同署の調べに対し、三田被告は容疑を認め、「スポーツが苦手で、筋骨隆々の日体大男子学生にあこがれており、興味があった」などと供述している。

 【関連記事】
「筋肉質な男子選手に興味」日体大からジャージー盗む
千葉県警の警部、茨城で美少女フィギュア万引
名古屋のキャバクラで900万円盗難
21歳アルバイト ばれた!コンビニ強盗“自作自演”

「犠牲者の分、精いっぱい生きる」=「1・17のつどい」に8000人(時事通信)
<大雪>石狩市で1日に54センチ 16年ぶり記録更新(毎日新聞)
脳卒中 早い受診で後遺症防いで(産経新聞)
在宅起訴なら不公平=小沢氏団体の土地購入問題-自民総裁(時事通信)
<日医会長選>分裂 民主派が出馬表明 現職と一騎打ちへ(毎日新聞)

<殺人容疑>7カ月の長男受診させず 宗教法人職員夫婦逮捕(毎日新聞)

 福岡県警は13日、衰弱した生後7カ月の長男を受診させず殺害したとして、いずれも宗教法人職員の福岡市東区唐原4、高月秀雄容疑者(32)と妻邦子容疑者(30)を殺人容疑で逮捕した。県警によると、自然治癒による回復を教えとする宗教の信者で、手かざしなどによる「浄霊」と呼ばれる方法で治そうとしていた。「医療行為を受けさせればよかったと後悔している」と、大筋で容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、アトピー性皮膚炎を発症した長男の嘉彦ちゃんに適切な診療を受けさせず、昨年10月9日午後8時ごろ、感染による敗血症で死亡させたとしている。

 県警によると、嘉彦ちゃんは母乳などの食事は与えられていたが、アトピー性皮膚炎で衰弱し、食事がとれない状態だったという。県警は治療を受けさせなかったことが死亡につながったと判断し、殺人容疑での逮捕に踏み切った。

 同10月9日夜、嘉彦ちゃんの意識がもうろうとしていることに気付いた秀雄容疑者が119番したが、搬送先の病院で死亡が確認された。死亡時の体重は通常の乳児の半分程度の4・3キロしかなく、アトピーで体の皮膚の多くがはがれた状態だった。病院が診療を故意に受けさせない「医療ネグレクト」の可能性があるとして県警に通報した。

 秀雄容疑者は調べに対し「病院に行こうと思ったが判断が遅れ、見殺しにしてしまった」と供述している。邦子容疑者は「自分も母親に同じように育てられており、自然の力で絶対に治ると思った」と話しているという。

<センター試験>監督者のミス 信州大の14分早く始めた試験(毎日新聞)
<自民党>予算案への考え方まとめる 政府追及の指針に(毎日新聞)
【阪神大震災】鎮魂「京連鶴」6434羽、妻を思い折り続け(産経新聞)
新品種 春と秋に咲くサクラ 理研チーム(毎日新聞)
日米同盟深化が肝要=自衛隊幹部に訓示-鳩山首相(時事通信)

普天間移設 5月までに解決確信…イノウエ氏、首相と会談(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日、首相官邸で、米民主党の重鎮で予算策定に強い影響力を持つ米上院のダニエル・イノウエ歳出委員長と約35分間会談した。首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「5月までには必ず結論を出していく。日米両国に理解していただける解決策を出したい」と強調した。イノウエ氏は会談後、記者団に「普天間の問題が5月までに解決すると確信が得られ、勇気づけられた」と語った。

 自民党の谷垣禎一総裁もこの後、党本部でイノウエ氏と会談した。谷垣氏によるとイノウエ氏は「かつてのフィリピンのように『日本から米軍はいらない』という間違ったメッセージが出るとおかしなことになる」と懸念を表明した。キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行計画が最も有効だとの認識で一致したという。【西田進一郎、田所柳子】

【関連ニュース】
名護市長選:17日に告示…普天間移設問題に影響
普天間移設:訓練など一部機能を関空に 国民新党が提案へ
共産党:党大会開く 参院選控え独自色の打ち出しへ
日米外相会談:同盟深化の協議開始 普天間移設は平行線
日米外相会談:ヤシの木を背景に共同会見 ハワイ

<始業式>都内の小中学校で 新型インフルの影響も(毎日新聞)
<長崎漁船不明>家族から船体引き揚げ要望(毎日新聞)
法制局長官、通常国会冒頭から答弁禁止 官房長官(産経新聞)
府県超えて広域行政「関西広域連合」今秋発足(読売新聞)
<ワカサギ釣り>家族連れらでにぎわう 北海道しのつ湖(毎日新聞)

航対連と30年ぶり 豊中市議会が懇談(産経新聞)

 大阪府豊中市議会の空港問題調査特別委員会は14日、大阪(伊丹)空港の騒音被害を受けていた地元住民との懇談会を開き、意見交換した。懇談の場が設けられるのは、騒音などの問題が深刻だった昭和54年6月以来30年ぶり。

 懇談会は、航路下で騒音被害を受けてきた住民の訴訟団10団体でつくる豊中航空機公害対策連合協議会(航対連)との間で実施。昨年夏から議会との間で開催を模索していた。この日の懇談会には航対連から9人が出席。岡忠義会長は「被害住民として空港の廃止を求めたことはない。問題はほぼ解決したと考えている」としたうえで、「(関西国際、神戸との)3空港の一元管理は地元自治体の意見が反映されておらずおかしい、ということを市と議会、住民団体が一体となって訴えなければ」と述べた。

 国相手の訴訟が相次いだ昭和40年代は、住民から市議会へ多くの要望がなされていた。現在は、議会、航対連とも空港存続と空港を生かした地域活性化の立場で一致している。

「陸山会」土地疑惑で小沢氏元秘書の石川議員を再聴取(産経新聞)
外国人参政権法案「錦の御旗として今国会で実現」 民団の新年会で民主・山岡氏(産経新聞)
<訃報>岸川隆憲さん=元サークルケイ・ジャパン社長(毎日新聞)
女川原発 プルサーマル発電の実施、国が許可 (毎日新聞)
居酒屋で男が発砲、3人死亡=もう1人も重傷-大阪(時事通信)

両陛下、大相撲初場所を観戦(時事通信)

 天皇、皇后両陛下は10日夕、東京・両国国技館を訪れ、大相撲初場所初日の中入り後の取組を観戦された。日本相撲協会が不祥事で招待を自粛していたため、両陛下の大相撲観戦は2007年1月以来3年ぶりとなった。
 両陛下は2階の貴賓席で約1時間、結びまでの取組10番を時折身を乗り出して見入り、勝負が決まると大きな拍手を送っていた。 

プロレスファン集まれ
のぶかずのブログ
わたるのブログ
渋谷で働く店長のブログ
お弁当の知恵

裁判員裁判2年目「公判ラッシュ」 東北(河北新報)

 東北の7地裁・支部で実施される裁判員裁判は今年、仙台地裁で20~22日に開かれる殺人事件の公判を皮切りに始まる。昨年内に起訴された事件の公判が3月にかけて相次ぐことが予想されるなど、2年目を迎え「裁判ラッシュ」の1年となりそう。被告が全面的に否認するなど難事件も控えている。

 昨年から持ち越された裁判員裁判の対象事件(被告数換算)は38件。内訳は仙台地裁と福島地裁郡山支部が各12件、青森地裁5件、山形地裁4件、秋田、盛岡の両地裁が各2件、福島地裁1件となっている。

 7件は公判期日が1~2月に指定されたが、うち盛岡地裁で12~14日に予定された強制わいせつ致傷事件の裁判員裁判は直前の8日、公判前整理手続きを再開することが決まり、期日が取り消された。

 実施済みの裁判員裁判をみると、起訴から公判前整理手続きを経て半年以内に公判が開かれる例が大半を占める。公判期日が未定の事件のうち、約半数は昨年10月ごろまでに起訴されており、多くは年度末にかけて期日が指定される可能性が高い。

 これまでは被告側が起訴内容を認めた自白事件がほとんどだったが、今年は本格的な否認事件も審理される。3人が起訴された仙台地裁の強盗殺人事件は被害者の遺体が見つかっていない上、一部の被告は一貫して全面否認しており、裁判員の判断に全国的な注目が集まりそうだ。

 青森地裁の危険運転致死傷、秋田地裁の保護責任者遺棄致死など、東北の裁判員裁判では初めての事件も、公判前整理手続きが大詰めを迎えている。


としゆきのブログ
こう見えても、ベビーシッターなんです。
出会いランキング
ショッピング枠現金化
無料携帯ホームページ

小沢氏側に23億円移動=新生、自由党解散時に-多額の公金流入(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長が、過去に党首などを務めた「新生党」と「自由党」を解党した際、両党に残っていた政治資金計約23億円を、同氏関連の二つの政治団体へ移動させていたことが11日、分かった。両党には解党した年に政党交付金など12億円を超える公金が支給されていたが、大半が小沢氏側に移された資金に含まれていたとみられる。
 多額の公金流出には、「法の抜け道を利用した」と批判する声もある。小沢氏の豊富な資金源の一端が明らかになった。
 政治資金収支報告書などによると、両党の政治資金の受け皿となった団体は「改革フォーラム21」と「改革国民会議」。いずれも、かつて小沢氏の個人事務所があった東京都千代田区のビルを所在地とし、同氏の側近とされる人物が会計責任者を務めるなどしている。
 小沢氏が代表幹事だった新生党は、新進党へ移行する直前の1994年12月、党本部と10支部に残った資金の大半に当たる計約9億2526万円を、改革フォーラム21へ寄付した。新生党には同年、国から立法事務費として4億7970万円が支給されていた。
 小沢氏が党首を務めた自由党も、民主党との合併直前の2003年9月、約13億6186万円を改革国民会議へ寄付した。これは同年の自由党による支出総額の6割を超え、政党交付金約5億6096万円も含まれていた。このほか同年には、立法事務費1億7550万円も支給されていた。09年3月時点でも、両団体には計約17億4682万円が残されており、現在も小沢氏の支配下にあるとみられる。 

のーぶる先生
キルギス語で日本のニュースを読む
無料ホームページ
債務整理
クレジットカード現金化 比較

<切手セット>遼クンの最年少賞金王を記念 販売受け付け(毎日新聞)

 郵便局会社は8日、ゴルフの石川遼選手の最年少賞金王獲得を記念した切手セットの販売受け付けを始めた。2月26日まで全国の郵便局で受け付ける。

 石川選手のプレーや優勝場面をあしらったシールタイプの50円切手10種とホルダー、ポストカード6枚で、1セット3980円(送料込み)。ホルダーの表紙写真は、石川選手が優勝した4大会別に4タイプあり、申し込み時に選べる。2月15日から順次商品を発送する。

 1月中に申し込んだ人の中から抽選で4万人に、銀箔(ぎんぱく)加工を施した特製ホルダーで提供するほか、100人に1人の割合で特製ポストカードが当たる。

【関連ニュース】
日本郵政3社:改善策を金融庁などに報告 職員横領発覚で
郵政3社体制:政府と日本郵政ほぼ合意…総務相
日本郵政:3社体制へ 政府見直し案 国の関与強化
日本郵政:民営化見直しに沿い経営 3社長が初の共同会見
松井秀喜選手:MVP記念フレーム切手を発売…郵便局会社

My First JUGEM!
sentinel
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化
債務整理

<官房機密費>麻生政権時の使途公開を 大阪の市民団体提訴(毎日新聞)

 麻生政権が政権交代直前に引き出した2億5000万円の内閣官房報償費(官房機密費)について、使途を不開示にしたのは不当として、大阪の市民団体「政治資金オンブズマン」のメンバーが6日、国に不開示処分の取り消しを求める訴訟を大阪地裁に起こした。

 訴状によるとオンブズマンは昨年10月、衆院選直後の9月1日に河村建夫官房長官(当時)が引き出した官房機密費について情報公開請求したが「使途を明らかにすれば事務の円滑な遂行に支障を及ぼす」などとして不開示とされた。

 原告側は「既に政権交代が決まっており、『食い逃げ』と言える。開示しないのを悪用したでたらめは許されない」と主張している。【日野行介】

【関連ニュース】
日米密約:「存在」法廷で初証言 外務省元局長
官房機密費:麻生政権、衆院選後に2.5億円 長官公表
松田喬和の首相番日誌:問われる「プロセス政治」
特集ワイド:愚問ですが 鳩山政権3カ月 平野博文官房長官に聞く
全国学力テスト:開示、生駒市教委に答申 平均正答数・率など--審査会 /奈良

アルティメイタム
武蔵野王子
携帯ホームページ
債務整理無料相談
カードでお金

「政治とカネ」で攻防へ=自民、小沢氏にも照準-通常国会(時事通信)

 18日に召集される通常国会では、鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題をめぐる与野党の攻防が焦点となりそうだ。政府・与党は、2009年度第2次補正予算案と10年度予算案の早期成立に全力を挙げる。これに対し、野党側は、小沢氏の不明朗な土地購入問題の追及に手ぐすね引いており、冒頭から緊迫した展開となることも予想される。
 民主党の山岡賢次国対委員長は8日、同党の松原仁衆院予算委員会筆頭理事らと国会内で会談し、補正予算案を1月中に、10年度予算案は3月中にそれぞれ成立させる方針を確認した。補正予算案について、与党は18日に財政演説を行った上で、衆参両院本会議での各党代表質問を19、20両日に実施、28日にも成立させる日程を描いている。
 これに対し、自民党は、菅直人副総理兼財務相が代表質問の前に衆院財務金融委員会で所信表明をすべきだと強く主張。審議日程をめぐり、与野党の駆け引きが活発化している。
 自民党が強気の姿勢を見せている背景には、東京地検特捜部の動きがある。特捜部が、小沢氏の資金管理団体の土地購入問題で、近く同氏の公設秘書や元秘書の石川知裕衆院議員を立件し、小沢氏本人からも任意で事情聴取する見通しになっているためだ。
 同党は、首相の偽装献金事件を含め政権のトップ2人を徹底追及する方針。参考人招致の対象者として、首相の実母や起訴された元公設秘書のほか、小沢氏と同氏の公設秘書ら計16人をリストアップした。民主党は招致に応じない考えだが、自民党は「説明責任」を求める世論を背に、揺さぶりを掛けていく構えだ。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

b5rfst88の日記ブログ管理ツール
z2clhn79のブログ
携帯ホームページ
2ショットチャット
クレジットカード現金化 即日

藤井前財務相が退院(時事通信)

 体調不良のため都内の病院に入院していた民主党の藤井裕久前財務相は8日午前、退院した。同氏周辺によると、当面は通院しながら自宅療養に努める。手術はしなかったという。 

【関連ニュース】
【ニュース解説】閣僚辞任例
為替介入の可能性に言及=「経済界の期待も十分勘案」
菅氏の為替発言を批判=谷垣自民総裁
鳩山首相、閣僚に協力要請=藤井氏辞任惜しむ声相次ぐ
機構の法的整理案支持へ=日航再建問題で政府

万里の頂上
しげふみのブログ
クレジットカード現金化 即日
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化

4億円融資、小沢氏が関与=特捜部、偽装工作と判断-聴取で説明求める・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる問題で、土地代金の支払い直後に同会が金融機関から4億円の融資を受けた際に、小沢氏本人が融資手続きに関与していたことが7日、関係者の話で分かった。東京地検特捜部はこの融資について、購入代金に小沢氏の個人資金が充てられたことを隠す偽装工作だった疑いが強いとみている。
 特捜部は、近く小沢氏から任意で事情聴取する方針で、一連の資金の流れについて説明を求めるとみられる。
 関係者によると、陸山会は2004年10月29日、約3億4000万円で東京都世田谷区の土地を購入。同日午前に、土地代金を不動産会社に入金した。
 直後の同日午後、陸山会は複数の関連政治団体が保有していた資金などで4億円の定期預金を組み、これを担保に金融機関から同額の融資を受けていた。
 融資は小沢氏が個人名義で受け、陸山会に貸し付ける形が取られた。金融機関との間の融資手続きには、小沢氏が関連書類に署名するなど、直接かかわっていたとみられる。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

やすおのブログ
d9dy4av9のブログ
携帯ホームページ
パチンコ攻略
アフィリエイト ホームページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。