スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<野口宇宙飛行士>水のありがたさを実感 帰還後初の会見で(毎日新聞)

 日本人最長となる163日間の宇宙滞在を終え、国際宇宙ステーション(ISS)から地球に帰還した野口聡一宇宙飛行士(45)が9日、自宅のある米テキサス州ヒューストンで帰還後初めて会見した。

 会見は、ヒューストンと東京を衛星回線で結んで開かれた。野口さんはカメラに笑顔で右手を振り、ちゃめっ気たっぷりに約40分間会見。「川のせせらぎ、飲む水、浴びる水、流れる水のありがたさを実感する」と語る一方「明日起きたら普通に浮いているんじゃないかと思う」と「宇宙気分」が残っていることも明かした。

 野口さんは帰還した2日に専用機で米国に戻り、今は重力に慣れるためのリハビリの日々。夜は自宅に戻り、冷たいビールと手巻きずしなど、家族水いらずの一時を過ごしているという。

 野口さんは09年12月21日、ロシアのソユーズ宇宙船で打ち上げられた。ISSでは生命科学や物理学の実験などに取り組み、スケジュールの合間を縫って撮影した地球の写真やメッセージを「ツイッター」(簡易ブログ)経由で発信。世界各国の約25万人に愛読された。【山田大輔、ヒューストン(米テキサス州)吉富裕倫】

【関連ニュース】
野口宇宙飛行士:「まずは風呂」 元気に帰還
野口宇宙飛行士:無事生還に後輩たち大喜び 母校の斑鳩小
野口宇宙飛行士:無事帰還 滞在163日、通算日本人最長
野口宇宙飛行士:ソユーズ午後帰還へ ISS長期滞在から
野口聡一飛行士:ISSで会見 「あと2~3カ月大丈夫」

<東北厚生局>職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
事故被害者の父、裁判員を経験=「判断する立場、怖くなった」-千葉地裁(時事通信)
事故被害者の父、裁判員を経験=「判断する立場、怖くなった」-千葉地裁(時事通信)
幻の樽床首相、橋下「大阪都」構想を否定(産経新聞)
<投石>中1の次女らに「学校ぶっ壊せ」 容疑の母逮捕(毎日新聞)
スポンサーサイト

<普天間移設>鳩山首相、知事会に一部訓練の受け入れ要請(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相が「沖縄の負担分散」を訴える場として開催を求めた全国知事会議が27日、東京都内の都道府県会館で開かれた。首相は「訓練の一部を沖縄県外に移すことが可能か模索している。『よし考えてみよう』という気持ちを示していただければ大変ありがたい」と述べ、在沖縄米軍の一部訓練の受け入れを要請した。

 しかし、米軍普天間飛行場を沖縄県内の名護市辺野古周辺に移設する案に回帰した今、首相の発言に説得力は乏しく、知事側の反応は冷ややかだった。

 日米共同声明には訓練移転先として鹿児島県・徳之島が盛り込まれる見通しだが、同県の伊藤祐一郎知事は「島民ほとんどが反対の状況で、極めて厳しい」と表明。会議に知事本人が出席したのは29都道府県だった。

 首相要請を受け、全国知事会は「政府から熟慮された具体的な提案があった場合には、真摯(しんし)に対応していく」とする見解をまとめた。政府の迷走は「熟慮」を伴っていないと当てこする文面とも読み取れる。【横田愛】

【関連ニュース】
普天間移設:首相に知事冷ややか 訓練分散賛同は大阪のみ
普天間移設:民主も首相批判噴出 小沢氏沈黙、助け舟なし
普天間移設:野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり
普天間:首相「理解に努力する」 社民党の閣議署名拒否
普天間:社民党「辺野古」政府方針に反対 閣議署名も拒否

電柱衝突、警官重傷=車急発進の男逮捕―大阪府警(時事通信)
<普天間移設>与党、社民つなぎ留め 参院選にらみ協力優先(毎日新聞)
社民、連立是非で再協議=福島氏「県内移設、明確に反対」―普天間(時事通信)
<高校無償化>朝鮮学校への対応、検討会議始まる 文科省(毎日新聞)
<雑記帳>サル追い払い講習会 栃木・那須塩原の地区(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。