スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツ苦手の日体大フェチ男、男子学生の運動着盗む(スポーツ報知)

 神奈川県警青葉署は20日、日本体育大の男子学生の衣類を繰り返し盗んでいたとして、三田宗広被告(24)を窃盗容疑で横浜地検に追送検した。別の窃盗容疑で逮捕・起訴されていた同被告の自宅を捜索したところ、日体大の男子学生が使用していたとみられる水着、タオル、ユニホームなど約200点が見つかっており、同署では余罪を調べている。

 筋骨隆々の“体育会系”が、とんでもない男に目を付けられたものだ。

 三田被告の追送検容疑は、2008年9月から09年11月、同じアパートに住む日体大サッカー部員(21)の部屋に計10回侵入し、衣類など約50点を盗んだ疑い。ほかに9000円入りの財布、背広、敷き布団、時計、掃除機もあった。

 青葉署捜査幹部によると、三田被告は部員が郵便受けに自宅の鍵を隠していることを知っており、その鍵を使って部屋に侵入したという。捜査幹部は「少しずつ自宅に持ち運んでいたのではないか」と話した。

 三田被告は昨年11月、日体大水泳部の合宿所に侵入。Tシャツなどを盗んだ疑いで現行犯逮捕され、起訴されていた。その後、捜査員が家宅捜索したところ、日体大の校章やロゴが入った運動用品が次々と見つかった。

 その数約200点、すべて“男もの”だった。横浜市の日体大健志台校舎周辺には、男子合宿所は16あるが、主に陸上部と水泳部が標的になっていたようだ。自宅からは競泳用水着、ゴーグル、陸上用ユニホーム、練習用のTシャツ、短パン、つりパンと呼ばれるレスリングのユニホーム、部で購入した大会出場の公式ユニホームも多数あり、一部はタンスに保管された状態で見つかった。男子学生の水着などを“試着”したり、観賞したりしていたという。ちなみに、女子の合宿所での被害は確認されていない。

 同署の調べに対し、三田被告は容疑を認め、「スポーツが苦手で、筋骨隆々の日体大男子学生にあこがれており、興味があった」などと供述している。

 【関連記事】
「筋肉質な男子選手に興味」日体大からジャージー盗む
千葉県警の警部、茨城で美少女フィギュア万引
名古屋のキャバクラで900万円盗難
21歳アルバイト ばれた!コンビニ強盗“自作自演”

「犠牲者の分、精いっぱい生きる」=「1・17のつどい」に8000人(時事通信)
<大雪>石狩市で1日に54センチ 16年ぶり記録更新(毎日新聞)
脳卒中 早い受診で後遺症防いで(産経新聞)
在宅起訴なら不公平=小沢氏団体の土地購入問題-自民総裁(時事通信)
<日医会長選>分裂 民主派が出馬表明 現職と一騎打ちへ(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。