スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿弥陀如来像、浄土宗に戻る=法然800年忌前に-京都(時事通信)

 浄土宗を開いた法然(1133~1212)の高弟源智(1183~1238)が、法然の一周忌の際に造らせた「木造阿弥陀如来立像」(重要文化財)が1日、所蔵する高野山真言宗の玉桂寺(滋賀県甲賀市)から浄土宗に戻った。2011年の法然800年忌を前に、玉桂寺から有償で譲り受けた。
 浄土宗は仏教大の宗教文化ミュージアム(京都市)に当面収蔵する。今後は新たな施設を建設し、一般公開も検討している。
 浄土宗などによると、阿弥陀如来立像は高さ約98センチ。仏師の快慶の弟子による作品の可能性が高いと言われている。他宗派の玉桂寺に渡った経緯ははっきりしていない。 

【関連ニュース】
阿弥陀像から歯や毛髪=伝承通りの納入品か

タクシー運転手、窃盗少年に偽ヴィトン売る(スポーツ報知)
<普天間移設>検討委、3月末に候補地決定(毎日新聞)
<小沢幹事長>「私は潔白です」与党幹部会合で陳謝(毎日新聞)
総務相、名古屋市の住基ネット離脱に反対(読売新聞)
小沢氏、続投に改めて意欲(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。